なにわの低山を歩こう

  大阪は「なにわ」と呼ばれますが低い山(それも超低山)が多い。
  しかも地名に梅田というように、人工的に造成されています。
         (埋め立てて耕地を作られたことから「埋田」と名づけられ後に「梅」の字をあてられた梅田となった)
        天保山、蘇鉄山が代表されるように人工的に作られた山が多い。
        おっちゃんはすべて征服!あなたもぜひ登ってみませんか?すべて登れば充実感間違いなし。
        躊躇される方は、まず天保山と蘇鉄山を征服し登山証明書をもらいましょう!
        「なにわの六峰めぐり」で鶴見新山→ 茶臼山→ 聖天山 → 昭和山 →天保山 → 新夕陽丘まで35km歩きませんか?

番号   山名  ふりがな  標高(m) 2.5万分図の記載の山・・・○      コメント
  天保山 てんぽうざん    4.5m    ○ 日本一低い山で二等三角点を持つ山
  蘇鉄山 そてつやま    6.8m    ○ 日本一低い一等三角点の山
  真田山(真田山公園) さなだやま   10m     地図上で標高が残っている幻の山
  御勝山(御勝山古墳) おかちやま   14m    ○ 大阪府の史跡で入ることはできない
  聖天山 しょうてんやま   14m    ○ 聖天山正園寺の境内が山頂
  帝塚山(帝塚山古墳) てづかやま   20m    ○ 大阪市内最大級の古墳
  新夕陽ヶ丘 しんゆうひがおか   25m      1998年にできた最新の山(丘)
  茶臼山(茶臼山古墳) ちゃうすやま   26m    ○ 天王寺公園の中にある古墳
  昭和山 しょうわざん   33m      1970年11月に命名された人工丘陵
  鶴見新山 つるみしんざん   39m     花と緑の博覧会で人工的に造成
 番外   波除山跡 なみよけやまあと   --      現在は平坦化され、石碑だけ存在


戻る