戒長寺の銀杏の木

   戒長寺には「お葉付き銀杏」と呼ばれる、樹齢700年の銀杏(いちょう)の木があります。
   銀杏の進化の過程を示す貴重なものとして知られています。

※イチョウは雌雄異株で、葉のへりにめ花が つくので「お葉付き銀杏」(オハツキイチョウ)と言います。


戻る